読みもの
読みもの

保育士が選ぶ「雪がふる日に読みたい絵本」

この本いいよ

先週末からの寒波で、外に出ると手先が凍るような冷たさですね。

外出をひかえ、こどもたちと家の中で過ごされる方も多いのではないでしょうか。

そんな寒い日に、ひより保育園そらのまちほいくえんさとのやま保育園の保育士さんが選ぶ「雪がふる日に読みたい絵本」を集めてみました!


てぶくろ

読みきかせをすると子どもたちが「え、ほんとに??」て顔で食い入るようにみてくれます。物語の最初と最後におじいさんが登場するのに、イラストでは一度も姿を見せないのでどんなおじいさんなのか想像しちゃいます。

 


ゆきむすめ

おおきなかぶ の絵を描かれた方の絵です。 ものすごーくざっくり言うと「アナ雪」の「オラフ」の先駆け的な話です…笑 終わり方が、シン…と切なくなります。

 


かさじぞう

子どもたち静かにじっと食い入るように聞いていました。やはりオーソドックスな昔話は子どもの心を掴みます。

 


おんなじおんなじ ももんちゃん

娘が0歳の頃から読んでいる、ももんちゃんシリーズです。
ももんちゃんがきんぎょさんとさぼてんさん、おばけさんと雪だるまを作るのですが、”よいしょ、よいしょ”等繰り返されるフレーズを、娘もニコニコしながら聞いています。
読んでいる大人もほっこりするももんちゃんシリーズの中で、雪の降る日や、寒い日に読んであげたい一冊です

 


手ぶくろを買いに

子狐の小さな小さな手がかわいくて大好きです。

かかわる人たちのやさしさに、心がほんわりあったかくなります。

黒井 健さんの、やさしいタッチの絵も素敵です。

 

いかがだったでしょうか。

寒いねって言いながら、こどもとくっついて絵本を読むのもいいですよね。

あなたのおすすめの「雪がふる日に読みたい絵本」も教えてくださいね。