読みもの
読みもの

お母さん自身に読んでほしい絵本

この本いいよ

毎日の、こどもと過ごす時間の中。

孤独や不安やプレッシャーで

出口のないトンネルをずっと走っているような気がするとき。

気持ちによりそってくれる絵本があります。

5月13日は母の日。

保育士も、家では奮闘中の一人のお母さんだったりします。

「お母さん自身に読んでほしい絵本」をひより保育園そらのまちほいくえんさとのやま保育園のスタッフが選び、おすすめポイントも紹介しています。

どうぞ、お読みくださいね。

今日 (福音館の単行本)

絵本ではなく詩集になるのですが、
がんばっているお母さんに読んでほしい1冊です。
私自身初めての子育てで、いっぱいでいっぱいのときに、この本と出合い、とても救われました。

 

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

友人の出産祝いに贈りました。私は子どもを産んだことはありませんが、私を産んでくれた母への感謝の気持ちでいっぱいになりました。とは言ってもなかなか素直に「ありがとう」を伝えられないのですが…

 

わたしがあなたを選びました

出産前に、助産師の友人からもらった本です。
初めての妊娠、出産、育児に不安と期待でいっぱいいっぱいだった時、泣きながら何度も読みました。
心が穏やかになれました。

他に、こちらの絵本もステキです。

いかがでしたか?

あなたのおすすめの、「お母さん自身に読んでほしい絵本」も教えてくださいね。