読みもの
読みもの

食の学校開催レポート~第7回 郷土料理編~

イベント

「自己流の作り方だったので、教えていただき勉強になりました。」

「子どもと一緒に作れたのが楽しかった!ちょっとしたコツを知ることができ、自宅でも生かせると感じました。」

(事後アンケートより)

 

3月19日(月)、鹿児島市呉服町の マルヤガーデンズ にて、「子どもと大人の食の学校~第7回 郷土料理編~」を、そらのまちほいくえんひより保育園お祝いギフトショップココレカの共催で開催しました。

当日は大人の方6名、1歳~5歳のお子さま4名、計10名の方々にご参加いただき、まことにありがとうございました。

 

 

今回は鹿児島の家庭料理、ガネ・ねったぼ(とっかさ)・麦みその白和えの3品をテーマに、食材を切るところから始まりました。

今回も子どもたちが大活躍!にんじん・ニラやみつばを切ったり、和えたり。

食材を切る、という工程。じつは子どもたちがとても活き活きした顔をみせる瞬間です。

実際に触って、五感をフルに使って食材を感じる。

このあと調理されておいしいごはんになる、という一部始終に関わることの入り口でもあります。だからこそ、「子どもたちと一緒に食材を切る」というのを大切にしていきたいと思っています^^

 

 

今回、大人の皆さんがとくに関心を持たれていたのは、『炊飯器でつくるねったぼの作り方』と『ふんわり揚がるガネの衣』。

「え!ねったぼって炊飯器でできるんですか?!」という驚きの声が上がったり、

「ガネって難しいと思ってたけど、意外と簡単なんですね!」という発見があったり、

「これなら家でも気軽にできそうです^^」というお声をたくさんいただき、スタッフ一同とてもうれしく思いました♪

 

最後はみんなで食卓を囲んで、毎回恒例の昼食タイム!

山盛りに揚がったガネも、子どもたちが和えた白和えも、あっという間になくなりました。

 

今回のレシピを参考に、ぜひ自分流のアレンジもしながら、鹿児島の郷土料理をお家で楽しんでくださいね^^

<この日の献立>

・雑穀おにぎり

・ガネ

・麦みその白和え

・ねったぼ

・トマトとレタスのお味噌汁