読みもの
読みもの

ふるまい七草粥(なんかんずし)

保育園の中の話

1月7日に、ひより保育園にて七草粥(なんかんずし)をふるまいます!

「おいしいものはみんなで分けたらいいじゃん!」という給食室長の計らいにより、満七歳だけでなくおこしいただいたみなさま全員に「おいしいね!」を分け合いたいと思います。ひより保育園に通ってないお子様やご家族も、もちろん参加オーケーです。

どうぞ遠慮なくおこしくださいね。

実はこの「七草粥」、鹿児島県と他県では少し意味合いが違います。

一般的な「七草粥」。

1月7日の「人日(じんじつ)」の日に行われる「人日の節句」の行事で、五節句のひとつです。無病息災や長寿健康を願って、また、正月に飲み食いして疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う意味もあります。

鹿児島における「七草粥」。

鹿児島では1月7日に「七草祝」という風習があります。子供の無病息災を祈る薩摩藩時代からの伝統行事で、数え年で7つになった子供は、七五三の時のように着物や袴で着飾り、七草祝の祈願を神社で受けます。その後、重箱を持って(膳に椀をのせることもあり)、七軒の家を廻って七草がゆを貰います。

照国神社ホームページより

「七草祝い」では親戚の家をまわったり、ご祝儀をもらったり、鹿児島の中でも地域や家庭によっていろいろなパターンがあるようです。

そんな「七草祝い」に、近年では「七五三」も行うようになって、満7歳では2回お祝いする家庭もあるようです。おうちの方も大変ですよね。

 

そんな伝統ある「七草祝い」ですが、最近では「7件の家を回ってお粥をもらう」事がなかなか難しくなっています。そこで、ひより保育園でも一緒にお祝いしたい!との思いから、「七草粥」のふるまいをさせていただくことにしました。

「七草粥」をどれだけの量ご用意するか参考にするため、取りに来られるかたはイベントの参加ボタンを押してくださいね。

=========

→ お申し込みはこちら
日 時 : 1月7日 10:30 〜
場 所 : ひより保育園
参加費 : 無料 (おかゆを持って帰る容器をお持ちください)
対 象 : どなたでも
=========

編集こぼれ話

Angel
満七歳になるみんなの、健やかな成長を願って七草粥をご用意しますね。